So-net無料ブログ作成

仏大統領選+ニースの春 [トピックニュース]

 フランスの大統領選の投票日(4月23日)まで一ヶ月を切りました。

 

 最近の世論調査によれば支持率の高い順から、ル・ペン25%、マクロン24%、フィヨン18%、メランション14%、アモン12%等々になっているそうです。

 

 あれだけ支持を集めていたフィヨンは、公金の不適切使用問題でマクロンにだいぶ差を広げられてしまいました。

 

 奥さんの他に娘と息子を雇って、まともに仕事もさせず公金から給料を支払っていた、しかも息子はもらった給料の中からかなりの割合を父親に返金していたことがわかっています。

 

 フィヨンいわく「息子が給料の中からこれまでの養育費用を親に返すのは当然」

 

 政治家というのは、どこの国でも色々言い逃れをするもんです。

 

 とは言うものの、フィヨンの支持者たちは「そんなことはどの政治家もやっているじゃないか!フィヨンだけを責めるのは不公平だ!」とトロカデロ広場(エッフェル塔の裏あたり)に集まって叫んでいたそうです。

 

 その時の映像を見ると、シャンドマルス(エッフェル塔の表)のあたりまで人が溢れていたように見えました。

 

 かなり強力な支持者がいるらしく、そんな問題を起こしてもなお18%の支持率。

 

 それはともかくとして、ル・ペンがトップで25%の支持を得ていることが少々気になります。

 

 フランスの場合、投票日が2回に設定されています。一回目の投票で過半数を得票した候補者がいればそれで決定。過半数を得票した候補者がいない場合は、上位2名の決選投票になります。

 

 先ほどの支持率を元にすると、ル・ペンとマクロンの決選投票になるわけです。

 

 そうなると、フィヨン、メランション、アモン、その他の候補者を支持した人たちが、ル・ペンかマクロンのどっちに投票するかが鍵を握ることになります。

 

 仮にメランションとアモンの支持者がマクロンに投票するとして、14+12=26%がマクロンに足されます。フィヨンの支持者からもマクロンに投票する人が出てくるはずなので、今のところマクロン有利か・・・。

 

 しかし、まだ誰に投票するか決めてないという人たちが41%もいるらしい。どのような結果になるかは未知数。二回目の投票は5月7日です。

 

 さて本日は、春めいてきたニースの様子をご覧ください。

 

Paris_Nice.jpg

 

 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2017年3月28日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。



 

 太陽の光がいっぱいのニースの青空市。新鮮で野菜や果物が並びます。

 

 「お客さんがたくさん来てくれるのを待ってます。いい季節が始まりましたからね」とお店の方。

 

 プロヴァンスの春の野菜といえば、これ。ズッキーニの花。

 

 「花は天ぷらに、実は蒸してオリーブ油をさっとたらして食べると美味しいですよ」と八百屋さん。

 

 これはいいことを聞きました。今度、ズッキーニを買ってきたらそうやって食べてみようかと思います。

 

 他にはバラバラになったブロッコリーみたいな野菜もこの春に登場して人目を引いているそうです。

 

 女性客のスカーフが春らしいですね。しかも、韻を踏んだような話しぶり。春は人を詩人にしてしまうようです。

 

 こちらの帽子のお姉さんは、自分で生産した野菜をここで販売しています。自家製には自信あり。

 

 「試食してもらうと皆が『う〜ん美味しい』と言ってくれますよ」と言っているそばから、試食した人がやっぱり「う〜ん、美味しい」。

 

 青空市で買い物を楽しんだらニース名物サンドイッチのパン・バーニャをいただきます!

 


 

******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、彼女と暮らし始めて5年になる。つまり5年の任期が過ぎたわけだ。そこで彼女が、二期目も務めるかどうか選挙をすると言いだした[あせあせ(飛び散る汗)]

 

VDM (Vie de merde)より




nice!(45)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 45

コメント 4

nicolas

クルジェットの花、もうですかー!
まだ日本じゃズッキーニの苗さえ出てないですよね。
プチポワ、取材してたかた食べてたみたいですね。
生でも十分美味しそうな大きさでした。

フランスは特にお金のスキャンダルには厳しいって聞きます。
シラクさんもパリ市長時代のカラ雇用事件があったけど、
なんか抜け道あって辞めないで済んだみたいですが、不倫とかより金銭問題はタブーですよね。
フィヨンさんの票がどれだけどっちに流れるか、ですね。
by nicolas (2017-03-30 15:18) 

opas10

オランダはとりあえず国民がバランス感覚を取り戻して、なんとか収まりましたが、フランス大統領選挙はちょっと心配ですね。アメリカ国民みたいに、フランス国民も後悔しないことを祈ります。
by opas10 (2017-04-02 22:22) 

carotte

nicolasさん
クルジェットの花、早いですねえ〜。デリケートらしく温室育ちのようです。詰め物料理にも使われますね。こういう青空市では新鮮な野菜が並んでいるのでいいなあと思います。
金銭問題のそのフィヨンが結構しぶといんですよ。ひょっとしたら盛り返す可能性もなきにしもあらず。フランスの大統領選も蓋を開けてみないとわからないかもしれません。
by carotte (2017-04-09 16:40) 

carotte

opas10さん
こうなったらマクロンに頑張ってもらうしかなさそうな感じです。まさかル・ペンが大統領になるとは思えませんが、アメリカのことを考えると大丈夫とは言い切れないですね。フランス人の良識を信じるしかなさそうです。それにしてもオランダは立派でした。
by carotte (2017-04-09 16:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。