So-net無料ブログ作成

新大統領の略歴 [トピックニュース]

 マクロンと同じ建物に住んでいるフランス人の知り合いが、ツーショットの写真を送ってきました。

 私とは縁もゆかりもない新大統領ですが、なんだか親近感をおぼえます・・・。

 まっとうな人が選ばれたようで何よりでした。

 パリでは投票人10人のうち9人がマクロンに投票したそうです。

 そして、第一回目の投票でル・ペンに一票も票の入らなかったサマラン村では、今回は、マクロン42票、ル・ペン11票、白票12票、無効票2票、棄権13人という結果になりました。

 村長さんが3〜4票くらいは入るんじゃないかと言っていたル・ペンには11票も入っていました。

 大統領選には敗北したものの、善戦したFN党は、名前を変えた方がいいんじゃないかという話がちらほら出てきているようです。

 中身が変わったのか、それともさらに分厚い羊の皮をかぶろうとしているのか・・・。

 さて、新しい大統領が決まったということで、本日はこれまでのマクロンの略歴を短くまとめた映像をご覧ください。

Paris_Paris.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年5月8日に放送)(▸をクリックしても映像が出てこない場合はウィンドウの下の文字をクリック

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 エマニュエル・マクロンは1977年12月21日、フランス北部の町アミアン(Amiens)で生まれました。ゴシック建築の大聖堂が有名です。

 そのアミアンにあるカトリックの私立高校La Providenceで、その後、パリの名門高校アンリ4世で学び、バカロレアの試験に “トレ・ビアン” の評価の付いた成績で合格。かなりの秀才だったようです。

 こんな姿のこの時代に24歳年上の今の奥様と出会ったのかと思うとなんとも・・・。

 妻のブリジットさんは当時既婚の身で3人の子供がいました。

 ブリジットさんが初めてマクロンの話を聞いたのは、マクロンと同じクラスにいた娘からだったそうです。

 マクロンと同い年の彼女はマクロンのことを「なんでも知ってるすごいやつがいる」と言っていたとか。

 そのマクロン、その後一般の大学で哲学を習得し、エリート養成校(グランゼコール)のパリ政治学院とフランス国立行政学院を卒業。

 このころ左派の政治活動に参加するようになります。

 2007年の29歳の時、ブリジットさんと結婚。

 31歳の2008年にはロスチャイルド銀行に入行。

 その後、ジャック・アタリなどの紹介で、フランソワ・オランドの相談役となり(大統領選から大統領任期中まで)、2014年から2016年までは経済大臣として入閣を果たします。

 しかし、その間に政策や考え方の違いが明らかになり、内閣を去ることになります。

 そして、2016年4月、政治集団En marche!を立ち上げ、大統領選への出馬を宣言。

 当時、誰もマクロンが新しい大統領になれるとは想像もしてませんでした。

 フィヨンが右派の候補に指名された時、これで決まりだと思っていました。フィヨンはその頃、組閣までやっていたくらいです。

 しかし、公金問題で支持率が下がると同時に、マクロンがクローズアップされてきたのでした。

 5月8日の昨日は第二次世界大戦の戦勝記念日で、オランド大統領とともに式典に出席していました。

 大統領職の引き継ぎ(passation de pouvoir)は今週の日曜日14日に行われるそうです。

 その日からマクロン夫妻がエリゼ宮の主人になります。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、母の日だというのにプレゼントはスーパーのレジ係がくれたバラの花一輪だけ。うちには子供が3人もいるというのに・・・。あれは単なる偶然で生まれてきただけだったようで・・・

VDM(Vie de Merde)より



nice!(53)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 53

コメント 6

t-toshi

どの新聞もどの情報もマクロン氏は、前途多難と言っておりますが、若きマクロン氏を応援したいですね。
by t-toshi (2017-05-09 11:54) 

carotte

t-toshiさん
マクロンはなかなか潔い選挙戦を展開していたので、こうなったらその勢いで頑張って欲しいです。前途多難ですが、何とか乗り切れるんじゃないですかねえ〜。
by carotte (2017-05-10 01:08) 

風の友

なんだか妙な経歴を持つ人ですね。
でも、まあ勝て良かったですね。
by 風の友 (2017-05-12 13:28) 

carotte

風の友さん
平凡は経歴でないことは確かです。相当ユニークです。
フランス人、究極の選択でマクロンを選んだようですね。
by carotte (2017-05-14 15:26) 

opas10

UK,USの選択を見て、フランス国民は「このままではヤバイ」と思ったんでしょうね。ひとまずEUの枠組みが崩れないのでホッとしました。
by opas10 (2017-05-20 22:54) 

carotte

opas10さん
そうかもしれません。UKはまだしも、USはかなりヤバイですよね。とにかくどうにかなって退陣していただきたし。
by carotte (2017-05-27 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。