So-net無料ブログ作成

水仙まつり [ロレーヌ地方]

 ジムの向かいの、ちょっと小高い公園のところに大きな桜の木があるのですが、今日、満開になっていました。

 

 毎年、この時期になると美しいなあと見とれてしまいます。

 

 そして、プールでは、またあの鼻歌おばあちゃんと一緒になりました。

 

 プールから上がるとミストサウナに入って鼻歌まじりでシャワーにかかるとすぐに出て行ってしまいます。

 

 サウナに入るというより、暖かい部屋に入ってシャワーにかかりたい、というだけなのかもしれません。

 

 私などは「もうダメだぁ〜」の一歩手前くらいまで入って(だいたい10分くらい)、冷たいシャワーにかかって出てきます。そうすると、その後もずっとあったかい。

 

さて、日本はあちこちで桜が満開のようですが、フランスのヴォージュ地方では水仙が満開です。

 

Paris_Gerardmer.jpg


 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2017年4月7日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。

 

 

 ここはヴォージュ県の小さな町ジェラルメ(Gerardmer)。水仙の花が満開です。

 

 今日は、2年に一回行われる水仙まつりの準備のために、たくさんの子供たちが花を摘んでいます。

 

 「いい匂いがするの。パパとママにあげます」と女の子。口がアヒルさんみたいでした。

 

 「小さな花びらがあってとてもキレイです」と男の子。

 

 今日は、52,000束のブーケを作らなくてはなりません。今週末に開催されるお祭りで使うのです。

 

 一生懸命に摘む子もいれば・・・水仙と一緒に春の陽を楽しむ子もいます。気持ち良さそうですねえ〜。

 

 「自分のブーケができたら水仙を摘むのをやめて、さっさと仲間と一緒に遊ぶ子もいますよ」とお母さん。

 

 仕方ないですよね。冬が終わって日差しいっぱいの春がやってきたんですから、お花畑の中で遊びたくもなります。

 

 水仙のブーケはアトリエに集められます。

 

 ここで、水仙まつりのパレードに参加する山車の飾り付けが行なわれています。

 

 お祭りは今週の土曜日、つまり今日、開催されます。

 

 映像は前回の祭りの様子。かなり大がかりですね。マントンのレモン祭りを思い出します。

 

 この日、県外からの人たちも合わせて数千人の見物客が訪れるそうです。

 

 最後は豚の貯金箱でした。ちょうど2ユーロがお腹の中に入っていくところです。

 

 それにしても水仙の花の数がすごいですね。花が萎れないように根元には水を含ませたスポンジが設置されているようです。

 

 今年はどんな山車が登場するのでしょう?

 

 以前の祭りの様子に興味のある方は→こちら 

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、夫が私の両親を家に来るのは三回目。一回目のお土産は花束、二回目はチョコレート。そして三回目は・・・トイレットペーパー。『あの、その〜、お宅のはちょっと薄すぎるんでね。分厚いのを持ってきました!ははははは・・・』」

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:地域