So-net無料ブログ作成
ラングドック=ルシヨン地方 ブログトップ
前の10件 | -

拡声器は消えない [ラングドック=ルシヨン地方]

 今日は13日の金曜日。

 だからなんなのよ!なのですが、なんとなく気になります。

 ジェイソンという不気味な男が登場するホラー映画「13日の金曜日」なんてのがあるから、余計にまた気になったりして・・・。

 でも逆にこの日は何かいいことが起きると考える人もいるようで、フランスでは13日の金曜日に宝くじを購入する人が増えるそうです。

 さて、本日はフランス南部の小さな村のお話です。

Paris_VilleneuveM.jpg

下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 3で2017年10月7日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 ここは人口1000人余りの小さな村ヴィルヌーヴ=ミネルヴォワ(Villeneuve-Minervois)。

 なにやら村全体に響き渡る声。

 「村役場よりお知らせいたします。10月7日土曜日の午後6時・・・・」

 その声は、この拡声器から聞こえてくるようです。

 ローランさんは村役場の職員。毎日2回、正午と夕方6時にマイクに向かって原稿を読み上げます。

 原稿は、役場の担当チームが作成します。

 村人たちに是非とも知ってもらわなくてはならない案件やイベントをこの村内放送で伝えるためです。

 インターネットの時代に拡声器で放送なんてちょっと時代遅れ?

 しかし、村民にとっては欠かせない放送になっています。

 「村の心みたいなものです。ずっと続けていかないといけないと思いますよ」と若い女性。

 この昔懐かしい情報伝達手段は消えるどころか、しっかりとこの村に根を下ろしています。

 最近、新しくできた分譲住宅地も例外ではありません。

 現在、村には15台の拡声器が設置されています。教会の塔(?)には3つも設置されています。

 「住人たちの中には、今週は何かありましたっけ?と聞いてくる人もいます。そういう時は、あの放送を聞いてくださいとお願いするんです」と村長さん。

 「みんながみんな、スマートフォンを持っているわけじゃないですからね。持っていたとしてもどう使えばいいかわからない人もいますよ」と女性。

 確かに、皆んなに知ってもらうという意味では、このような放送の方が役に立つかもしれません。

 災害時の避難連絡などにはこの方が確実ですね。

 しかし、この日は安全な一日だったようで、こんな放送が聞こえてきました。

 「村からのお知らせです。本日は、村の広報のため、テレビ局France 3が村を取材中です」

 ローランさんの冷静な声。このネコちゃんも歩みを止めて聞き入っているような・・・。




******* フランス人のつぶやき *******


今日、僕は市街地に住んでいる。今年、クリスマスシーズンには半日クリスマスソングを拡声器で流すことになったらしい。その拡声器の一つは、うちの窓から1メートルのところにある [ふらふら]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(54)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

シーズン直前のリゾート地 [ラングドック=ルシヨン地方]

 フランスは6月が終われば夏のバカンスシーズンがすぐに始まります。

 フランス南部のリゾート地コリウール(Collioure)では、観光客が押し寄せる前の静かな時間を地元の人たちがのんびりと楽しんでいるそうです。

Paris_Collioure.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2017年6月27日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 一年のうち300日は晴れという恵まれた気候の町コリウール。

 ボートで海の散策に出かけていた人たちが港に帰ってきました。

 向こうに見えるのは城塞シャトー・ロワイヤル。この風景は絵になります。

 港にはグループでスケッチを楽しむ人たちがいました。

 どうやら指導してくれる先生もいるようです。

 「そう簡単に美しい風景は描けませんね。この色合いを出すのも難しいです」と女性。

 コリウールは画家に愛された町。

 かつて、マチス、ピカソ、ブラック、デュフィーなど、様々なアーティストが滞在していたそうです。

 「町をぶらぶら歩いて少しリラックスした方がいいですね」と絵の先生。

 人通りはあるようですがまだまだのんびりムード。

 そしてビーチはと言えば、人もまばら。これくらいならちょうどいいですね。

 ビーチの向こう側に見えているのはノートルダム=デ=ザンジュ教会。

 岸壁に立っているのはその教会の鐘楼です。これまた絵になります。

 港には飲食店が並んでいます。

 そう言えば、今年の初め、この辺りに椅子とテーブルを並べて食事を出すのは禁止という話がありましたっけ。

 どうやら本当にそうなったようです。椅子もテーブルも並んでいません。

 「晴れてお天気はいい、しかも人が少ない。最高ですよ」と女性。

 こちらの男性は早くも海水浴を楽しんでいらっしゃいます。

 「バカンスになると駐車場の問題やらビーチの場所取りなんかで色々大変になりますからねえ。今が一番いい時ですよ」

 おっ、こちらのレストランはテラス付き。食べ物を出しているところを見ると、自前の土地のようです。

 カタロニア地方の海の幸と山の幸の盛り合わせ。美味しそうですねえ〜。

 しかもこの美しい風景を眺めながら食べられます。

 「こんないい季節を人の少ない時期に味わえるなんて幸せですよ」と女性。

 「確かに、この時期はまだ平和でのんびりしていて、お客さんへの対応も十分にできます」とお店の方。

 コリウールはコート・ダジュールとはまた違った味わいのあるリゾート地です。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、パリでバカンスを過ごすことになった。お上りさんの僕たちは観光の計画を立てた。父は『ルーブル美術館にエッフェル塔、それにモンパルナスにも行かなくちゃ』一方、母は『ラッシュ時に地下鉄に乗ってみんながどうしているのか見てみたい』母は本気だった


VDM(Vie de Merde)より



nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

満開の果樹園 [ラングドック=ルシヨン地方]

 今日も冷たい風が吹いていました。

 

 まだまだダウンジャケットを押し入れにしまいこむには早すぎるようです。

 

 春は突然にやってきたりはしませんね。さ〜ん歩すすんで二歩さがる〜みたいにしてやってきます。

 

 だから、気がつくと春になっていたなんてことになります。

 

 さて、「フランスで最も美しい村」の一つ、フランス南部のピレネー地方にあるエウス(Eus)の果樹園では、ピンク色の花が咲き始めました。

Paris_Eus.jpg



 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2017年3月6日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。 



 

 朝9時。山の麓に階段状に建物が並ぶエウス村。それを取り囲むように果樹園があります。

 

 そして遠くには雪をかぶったピレネーの山々が見えます。

 

 一年のうち300日は晴天と言われるほどお天気に恵まれたこの村は、桃や杏の生産で知られています。

 

 「果樹園の花がきれいです。風が雲を運んできてちょっと残念ですが、ここからの眺めは素晴らしいです」と女性。

 

 果樹園から見える村の姿も趣があって素敵なのに、その村からピンク色に染まった美しい果樹園が見渡せるなんて・・・。

 

 しかも、初夏には甘くてみずみずしい実をつけてくれます。

 

 「気持ちの良い日ですねえ。あそこに見えるのがカニグー山ですよ」と古くからこの村で暮らす女性。

 

 濃いピンク色の花を咲かせているのが桃ノ木。淡いピンクが杏だそうです。

 

 これは満開ですねえ〜。

 

 ピレネー山脈やカニグー山からの水と明るい太陽の光を受けて育った果樹は、春が来たことを教えてくれているようです。

 

 「花を見ていると気持ちが元気になりますよ」と果樹園の方。

 

 この日は気温は21度にもなり、元気に花を咲かせた果樹ですが、これから四月の半ばまでは寒の戻りに気をつけなくてはなりません。

 

 「花びらが落ちて雌しべだけが残り、実が育ち始める頃が一番重要な時期なんです。そんな時期にマイナス2度とかになるような時間が2時間や3時間続くと収穫に影響が出ます」

 

 農業は自然との戦いですね。

 

 せっかくきれいな花を咲かせているのですから、このまま無事に育って欲しいものです。

 

 尚、エウス村について以前の記事で紹介しています。興味のある方は→こちら

 



******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、なぜか突然思いついて妻に花束をプレゼントした。すると妻が目に涙をためて言った。『ああ、あなた、気がついていたのね〜』はて、僕はいったい何に気づいていたのか???」

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

世界最大のワイン蔵 [ラングドック=ルシヨン地方]

 フランスの今年のワインの生産量は、悪天候が影響して例年の10%減となりそうです。

 

 春先に雹が降って被害を受けたぶどう園もあったようです。

 

 自然の力は容赦ないです。

 

 さて、本日はそのワインのお話です。

 

 フランス南部ピレネー=オリアンタル県に世界最大のワイン蔵があります。

 

Paris_Thuir.jpg


 

 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年8月28日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。



 

 こちらがそのワイン蔵Caves Byrrh(ビールの蔵)。

 

 特にこれといって人目をひくような建物ではありません。フランスのどこにでもありそうな石造りの家です。

 

 しかし、地下のワイン蔵に入ると・・・長さ150メートルにわたって約20個の巨大な樽が並んでいます。

 

 「驚きました。何がすごいって樽の大きさです。自分が小さく思えてきます」と女性。

 

 この樽の中に入っているのは・・・麦のお酒ビールではなく、ベルモット。ワインに香り付けをした飲み物です。

 

 1866年創業のビール社(Byrrh)がこのワイン蔵のオーナーです。

 

 「そもそもは薬だったんですが薬局には置かせてもらえませんでした。拒否されてしまったのです。でも、食前酒として人気になりました」と関係者の方。

 

 1930年代には、食前酒市場の半分がこのビールだったそうです。

 

 そうなると、需要に応える必要が生じてきます。

 

 「当時、年間4000万リットルが出荷されていました。で、大量のベルモットを貯蔵しておく必要に迫られたのです。それでこの大樽が生まれました」

 

 この樽、樫の木でできているそうです。

 

 樽というよりタンクと言ったほうがよさそう。

 

 「直径は12メートル、高さは10メートルあります」

 

 これは樽を作る作業も大変だったでしょうねえ〜。

 

 蔵の中には過去のポスターも展示してあります。どれだけ人気だったかを物語っています。

 

 このポスターの制作のために有名なイラストレーターが雇われました。そしてコンクールも開催されたそうです。 

 

 見学の最後には試飲もできます。

 

 フレイバーは、カフェ、カカオ、カモミール、シナモンなど。

 

 どんなお味なのかちょっと気になります。

 

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、冷蔵庫が故障してしまった。幸いなことに中には大して入ってなかった。ただし、缶ビールが2本残っていた。そこで私は彼に、寒くて風通しのいい部屋、例えばトイレのような部屋を見つけてそこに置いておこうと言った。すると、彼がいい場所を見つけてきた。今、ビールは便器の中で冷やしてある[がく~(落胆した顔)]

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(63)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

ローカル線の小さな旅2 その1 [ラングドック=ルシヨン地方]

 連日30℃をはるかに超える暑い日が続いています。エアコンがあってよかったなとつくづく思う今日この頃です。

 

 さて、今日から5回のシリーズでフランスのローカル線を紹介します。

 

 のんびりしたプチ旅行をバーチャル体験してください。

 

 第一回目の今日は、フランス南部ピレネー=オリアンタル県を走る黄色いローカル線に乗ってみましょう。


Paris_PyreneeO.jpg

 

 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年8月1日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 

 朝9時15分前。

 

 ヴィルフランシュ=ドゥ=コンフラン(Villefranche-de-Conflent)(上記地図の青印)の駅からラトゥール=ドゥ=カロル(赤印)行きのローカル線が、発車の時刻を迎えました。

 

 普通車両の間には屋根のないオープン形式の車両もあります。

 

 定員は250人。63キロ先の目的地まで、いざ出発!

 

 美しいアーチ型の鉄橋を走るイエロー・トレイン。絵になります。

 

 乗客の皆さんはカタロニア地方独特の風景を満喫していらっしゃいます。

 

 「雄大で美しい眺めですね」と若い女性。

 

 「屋根付きの車両に比べると、こちらの方が自然を直に感じられていい気分です」と別の女性。

 

 列車の最大速度は30キロ。標高1,200メートルから徐々に下っていきます。

 

 「ハイキングするなら別ですけど、これは他では体験できないですね」

 

 こちらは屋根付きの通常の車両。とは言っても、20世紀初頭に作られたレトロな車両だそうです。

 

 皆さん、外の風景を見逃さないように窓側に立って写真撮影です。

 

 「蒸気機関車だったら煙が出てるところでしょうね」

 

 運転手はミカエルさん。お父さんも鉄道員だったとか。

 

 このイエロー・トレインの運転を心から楽しんでいます。

 

 「古い型の列車なので操縦が今とはまるで違いますね。それに、走っていると、馬や牛などの動物たちをすれ違うことがよくあります」

 

 こうして1時間半ほど列車に揺られたところでモン=ルイ村(Mont-Louis)(緑印)に到着。

 

 城壁の村を見学するためにほとんどの乗客がここで降ります。

 

 モン=ルイ村はあのヴォーバンによって要塞化された村です。

 

 この要塞については以前紹介したことがありますが、ここでは実際に今でも軍の兵士の訓練が行われています。詳しくは以前を記事を→こちら

 

 この要塞の中に設置されているのが巨大な反射鏡。

 

 この反射鏡で太陽光を集光し高音を作り出す施設で、太陽炉と呼ばれています。

 

 ちょうど光の集まるところは3,000℃にも達し、紙や木はもとより、鉄板まであっというドロドロに溶けてしまいます。

 

 「驚きました。いろいろ利用価値がありそうですね」

 

 ランチはモン=ルイのレストランでいただきます。

 

 「カタロニア地方のハムやソーセージをいただいています。フォワグラ入りのブーダンもありますよ。とても美味しいです」

 

 お腹がいっぱいになったところで、そろそろ帰りの列車の時刻になりました。

 

 イエロー・トレインはまた緑の中をのんびりと走っていきます。

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 


 

「今日、身体中が黄色になって、慌てて病院に駆け込んだ。すると医者が言った。『お嬢さん、これは単なる日焼けです』」

 

VDM (Vie de merde)より




nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

プチ・ナイアガラ [ラングドック=ルシヨン地方]

 昨日の東京はムシムシした暑さで、もうぐったりでしたねえ〜。

 

 個人的に暑さ以外にもぐったりした原因がありました。

 

 用事があって渋谷の東急ハンズまで出かけて行ったのですが、あの街はもうご勘弁願いたいです。

 

 どの店も好き勝手に大音量で音楽は流す、そこに加えて、アジア系から欧米系まで観光客が波のように押し寄せてくる。

 

 あの一帯はクレイジーとしか言いようがありません。

 

 用事を済ませたら、こそこそと足早に逃げてきました。

 

 さて、火曜日はフランスも猛暑だったようで、午後の天気予報はこんな感じになってました→こちら

 

 半分が37℃〜39℃。実際、場所によっては40℃になったところもあったようです。

 

 そんな時はこんな涼しい風景をご覧ください。


Paris_StLLM.jpg
 

 

 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年7月19日に放送) 

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 

 フランス南部ガール県の小さな村サン=ローラン=ル=ミニエ(Saint-Laurent-Le-Minier)にある滝。

 

 ヴィス川の岩づたいに近づくと、迫力のある滝の姿を堪能できます。

 

 これは一見の価値がありますね。

 

 「すごい滝ですね。子供たちも大喜びです。キャンプ場のプールとは全然ちがいますから」とお母さん。

 

 「この滝を見に来たんです。子供たちが遊んでて楽しそうですね」とトゥールから母親と一緒にやってきたというバネッサさん。

 

 滝つぼに飛び込む元気な女の子もいます。

 

 「水が澄んでて綺麗です。天然のプールとはこのことですよ」と男性。

 

 滝から離れるとのんびり川遊びのできる場所もあります。

 

 この男の子、岩のくぼみを利用して川の水でマッサージ。

 

 この日の気温は32℃。しかし水温は17℃。やはり川の水は冷たいですね。

 

 日光浴を楽しんだら冷たい川の水に浸して涼みます。

 

 この村には滝だけでなくこんな素敵なアーチ型の橋もあります。

 

 「塩水じゃないからシャワーにかかる必要もなくそのまま家に帰ることができるので楽ですよ」と女性。

 

 人の数もほどほどで、のんびり休暇を楽しめそうです。

 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 


 

「今日、猛暑の最中、電気屋が暖房器具の点検にやってきた。問題なし。ラジエーターのスイッチを入れるとフル稼働し始めた」

 

VDM (Vie de merde)より




nice!(64)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

フランスの最も美しい村3 その3 [ラングドック=ルシヨン地方]

 シリーズの三回目はまたフランス南部、スペイン国境に近い城壁に囲まれた小さな村を訪ねます。

 

 今回の村サン=ベルトラン=ドゥ=コマンジュ(Saint-Bertrand-de-Comminges)は、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路にある村の一つです。


Paris_StBetrand.jpg



 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年5月4日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。 



 

 村の歴史を辿るとガロ・ロマン時代にまで遡ります。

 

 その証拠がこれ。ローマ時代の共同浴場跡です。当時の人口は7,000人にも達していたそうです。

 

 そしてこれが今の村の姿。人口は250人ほど。

 

 丘の上に鎮座しているのはサント=マリー大聖堂。それを取り囲むように立ち並ぶ家々。

 

 大聖堂にはこんなに美しい回廊があります。

 

 これだけの教会があるということは、この村が重要な教区だったことを意味しています。

 

 内陣のこの豪華な作り。

 

 「ここは聖職者の席ですが、長いミサの最中に、こっそりここに腰掛けて休んだんです。ここを引っ張ると座席が出てきます」と役場の職員。

 

 「私は熱心な信者ではありませんが、こんなに美しい教会が丘の上にあるなんて驚きですね」と男性。

 

 そしてこの見事な祭壇画。教会には聖ベルトランの聖遺物が保管されています。

 

 ロマン、ゴシック、ルネッサンスの3つの様式の入り混じった教会の建物の中には、16世紀の巨大なパイプオルガンが設置されています。

 

 撮影の間中演奏してくれていたのがフィリップさんです。

 

 この大聖堂を中心に作られたのが今のサン=ベルトラン=ドゥ=コマンジュ村です。

 

 木骨構造の家が中世の面影を今に伝えています。

 

 こちらは村のレストランLe Bistrot Gourmand - Chez Martine。

 

 お店のオーナーのマルティーヌさんはこのお店を開くためにわざわざこの村にやってきたのだそうです。

 

 「大聖堂がとても気に入ったんです。毎日のように通ってますよ。そして、皆んなが仲良く食事ができる場所を提供できてとてもうれしいです」

 

 サンティアゴ巡礼の旅人もこのようなお店でお腹を満たしているのかもしれません。

 

 それにしてもすごい入墨。薄い模様入りのオーガンジーでも羽織っているのかと思ったら、地肌に描かれた模様でした。

 

 村は丘の上だけでなく丘の下にも広がっています。

 

 丘の下でアトリエを構えているのが木製のサンダルを製作しているのはイザベルさん。

 

 イザベルさんはここで生まれ育ちました。

 

 「昔はお店は全部丘の上にあったんです。それでこの階段をいつも往復していました」

 

 そして、リュックを背中に村へやってきたのが巡礼の旅人たち。

 

 春になって巡礼のシーズンが始まりました。

 

 マリーさんはそういう巡礼者に宿を提供しています。

 

 「この村は巡礼の重要な場所の一つなんです。この建物は昔は病院で、巡礼者も受け入れていたんですよ」とマリーさん。

 

 遠くからも見える丘の上の大聖堂は巡礼者にとっては灯台のようなものかもしれません。

 



******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、完璧な男性に出会った。背が高くてハンサムでスポーツマン。それにユーモアもある・・・そして腕にミニオンズのタトゥーをしてるの[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(52)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

フランスの最も美しい村3 その1 [ラングドック=ルシヨン地方]

 今年40周年を迎えたフランスのロトくじ。

 

 13日の金曜日には、フランス北東部モーゼル県に住む方が1500万ユーロ(約28億円)を当てたそうです。うらやましい。

 

 さて、今日から5回のシリーズで「フランスの最も美しい村」を紹介します。

 

 これまでもシリーズで2回紹介していますが、今回で3シリーズ目となります。

 

 田舎の小さな村をのんびりと訪ねてみましょう。

 

 第一回目の今日は、スペイン国境に近いピレネー=オリエンタル県のエウス(Eus)です。

Paris_Eus.jpg



 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年5月2日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。 



 

 エウス村の人口は431人。晴れの日は年間で300日もあるとか。

 

 そんな村の住人アニーさんは、自宅の窓からの眺めを楽しむのが朝の日課です。

 

 丘の上に階段状に建物が並ぶ村。これなら眺めもいいですね。

 

 遠くには雪を頂くカニグー山が見えます。

 

 そんな眺めを楽しんでいると、聞こえてくるのが教会の鐘の音。もう1000年以上も前からこの音を響かせてきました。

 

 聖ヴァンサン=ダン=ノート・デウス教会(Église Saint-Vincent-d’En-Haut d’Eus)は村のてっぺんにあります。

 

 観光客の皆さん、村の生き字引でガイドのジャンさんの案内で、教会まで一歩一歩坂道や階段を上っていきます。

 

 「建物の作りが統一されていてとても美しいです」と女性。

 

 「お天気はいいし、緑は豊かだし、これぞカニグー地方ですよ。村の人たちは親切にもてなしてくれますしねえ」と男性。

 

 エウスは工芸家の暮らす村としても知られています。

 

 その中の一人がエリックさん。ここで宝飾品を制作しています。

 

 「ここへきてまだ2年にしかなりませんが、いいところですよ。静かでのんびりしていますから、アイデアが湧き出てくるんです」

 

 こうしてみると美しい教会ですね。しかも面白い作りです。

 

 1726年に着工。完成したのは1743年でした。国の文化財になっています。

 

 さて、村を取り囲んでいるのが果樹園。晴天が多いとなると果物も良く育ちそうです。

 

 「水はピレネー山脈やカニグー山から供給されます」と果樹園の方。

 

 ここは桃の産地で知られています。さぞかし甘くて水々しい桃が実をつけるんでしょうね。

 

 「ここから別のところに移ろうなんて思いもしないよ。眺めはいいし、1時間もかからないで山にも海にも行けるんだからね。ここよりいいとこなんて他にないよ」と生き字引のジャンさん。

 

 カニグー地方の美しい村は明るい太陽の光に包まれていました。

 

 

<お知らせ>

 

 毎週月曜日に紹介している恒例の週末旅は、来週から日曜日に紹介することにしました。従いまして次回は22日になります。少し間が空いてしまいますが、あしからずご了承ください。

 



******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、結婚式を予約するために小さな村の役場に電話をした。すると、事務局員がその日を忘れないように定期的に電話してくれという。『何しろあまりにスケジュールが空きすぎてるんでねえ』」

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(67)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

カスティーユ城のお宝 [ラングドック=ルシヨン地方]

 昨日は健康診断でした。なんだかどっと疲れました。

 

 健康診断って普段やらないことをやるせいかひどく疲れます。あまり何度もやりたくないですね。

 

 それはさておき、本日はお城のお話です。

 

 南仏の小さな村にあるお城が売りに出されました。お値段は900万ユーロ(約11億3000万円)。

 

 お城の相場ってよくわかりませんが、ちょっと高いような気がします。

 

 お城は思ったより安く手に入るが、修復や維持にお金がかかると聞いたことがあります。

 

 そうなると、11億円超えはやっぱりちょっと高い。しかし、それには理由がありました。

 

 Paris_Argilliers.jpg




 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局France 2で2016年2月22日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。



À la découverte du château de Castille et des fresques de Picasso

 こちらがそのお城。カスティーユ城です。

 

 元は13世紀の建てられた城塞ですが、18世紀後半からカスティーユ公爵家の持ち物となり改修が加えられました。

 

 一階の柱はその頃建設されました。居住面積は560㎡ほど。広いに庭が付いています。

 

 このお城のお宝がこの壁画です。誰の作品かといえば・・・お察しの通り、ピカソです。

 

 「ピカソの壁画自体、大変珍しいものです。それがこのようなお城にあるということは、本当に特別なことなんです」とサザビーの責任者の方。

 

 これじゃあ11億円を超えるのもうなづけます。

 

 「ピカソはこの城が気に入って何度も訪ねていました。買おうとしたくらいなんです」とサザビーの方。

 

 1965年当時、ピカソはこの城のオーナーだったイギリス人のダグラス・クーパーと知り合いでした。

 

 クーパーは美術の収集家であり美術史に精通した学者でした。

 

 クーパーはピカソに、ノルウェー人の画家がバルセロナにある建物のファサードの壁にデッサンを彫った話をしました。

 

 それを聞いたピカソが興奮してこう言ったそうです。

 

 「それならあの壁を私に提供してくれたら、何か作品を残しましょう」

 

 こうしてできたのがこの壁画でした。

 

 クーパーが1977年に亡くなると城は人手に渡り、40年前からフランスの企業家たちの所有になっていました。

 

 食堂、列柱、ファサード、それからピカソの壁画、これら全てが文化財に指定されています。

 

 このお城があるのは人口450人の小さな村アルジリエ(Argilliers)。

 

 村の人たちはお城のことについてはあまりご存知ない様子。

 

 「あの豪華なお城の中のことは知っていますか?」と取材班。

 

 「いや、全く知らないね。中に入ったこともないよ」と男性。

 

 「お城がいくらで売りに出されてるか知ってますか?」と取材班。

 

 「ええ、確か900万ユーロでしょ?」と女性。

 

 「そうですよ、高いと思いますか?」と取材班。

 

 「そりゃ高いわよ」と女性。

 

 900万ユーロといえば、村の予算の30年分だそうです。

 

 それでも次のオーナーの候補者が数人いるそうです。お金のあるところにはあるもんですねえ〜。

 

 


******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、彼女の誕生日だったのをすっかり忘れてしまった。傷ついた彼女は、アパートの壁という壁に、自分の生年月日を彫った」

 

 

VDM (Vie de merde)より





nice!(59)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

晴天の町 [ラングドック=ルシヨン地方]

 帰りの通勤電車の中。iPadで読書に勤しんでいると、どこかから聞こえてきます。

 

 「ヒック・・・」

 

 またしばらくすると、

 

 「ヒック・・・」

 

 どうやら前に立っているおじさん、しゃっくりの発作に見舞われているらしい。

 

 普通ならどうにかして止めようとがんばるところなのですが、そのおじさん、のんきなものでずっと「ヒック・・・ヒック・・・」とやり続けている。

 

 なんとなく耳に入ってくるから聞いてしまう。

 

 そうするとなんだか自分まで「ヒック・・・」となりそうになる。

 

 私が電車を降りるまで続いてたけど、あの人、大丈夫だったんだろうか?

 

 さて、4歩進んで3歩下がるみたいにして春が近づいているようですが、この時期、フランスのTV局TF1にかならず登場するのがフランス南西部の地中海に面した町コリウール(Collioure)。

 

 日本ではあまり観光地としては知られていませんが、フランスではリゾート地として人気のようです。

 

 折から、学校が冬休みのシーズンに入っています。バカンス客で賑わう直前の町の様子をご覧ください。


Paris_Collioure.jpg


 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年2月18日に放送)


 

 南仏と同じようにこちらも太陽の光が降り注いでいます。

 

 市場に大勢の人たちが集まってきました。お店の人はホッと胸をなでおろしています。

 

 「やっと人が来てくれるようになりました。去年よりちょっと増えたかな」

 

 「太陽の日差しに誘われて皆が表に出てくるようになりましたね。気持ちがちょっとワクワクしてきます」

 

 これまで閑散としていた通りをたくさんの人が歩くようになり活気が戻ってきました。

 

 今日は、寒い北風もなく暖かい日差しがあるだけ。

 

 「今日は買い物をして知り合いとおしゃべりしましたよ。ええ、太陽の日差しは大事です」

 

 「この日差しはお金じゃ買えませんねえ。とってもいい気分ですよ」

 

 コリウールは一年のうち300日は晴天という奇跡のような町。

 

 この海岸の風景、絵になります。

 

 ここは画家たちにも愛されました。マチス、ブラック、ピカソ、デュフィーなどが滞在したことで知られています。

 

 海岸には椅子とテーブルが並べられ、バカンス客がやってくるのを待っています。

 

 「ずっと空は曇りでパッとしませんでしたからね。太陽のありがたみを改めて感じますよ」

 

 時々、薄い雲に覆われていた太陽ですが、この陽気は週末まで続くそうです。


 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 

 

「今日、太陽の日差しがまぶしいくらいの快晴。気持ちも軽やかに、いつも自転車で走る路地を走っていた。やがて二つの門に囲まれた狭い入り口が見えてきた。いつものように間をすり抜けようとして気がついた。しまった、今日は車だった」


VDM (Vie de merde)より


 



nice!(52)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - ラングドック=ルシヨン地方 ブログトップ