So-net無料ブログ作成
その他の国 ブログトップ
前の10件 | -

ジョッキお運びさん [その他の国]

 先週の日曜日、ドイツ南部の町アーベンスベルグで開催されたビール祭りで、ビールのお運び世界選手権が開催されました。

 ビールの入ったジョッキをどれだけたくさんテーブルに運べるかを競います。

Berlin_Abensberg.jpg

下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(イギリスの新聞ザ・ガーディアンがネットで2017年9月4日に公開)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 こちらの方が優勝したオリヴァーさんです。

 すごいですね。これ、何杯分でしょう?

 一つも落とさず、しかも一滴もこぼさずテーブルまで運んできました。

 テーブルまでは40メートルあります。

 この大会、正式な審判が派遣され、公証人も立ち会うそうで、かなり真面目な大会です。

 ルールによれば、ジョッキのビールを10%以上こぼしてしまったらアウト。

 ジョッキは空でも1.3キロの重さがあるそうです。ビールを入れるとなるとかなりの重量になります。

 一番難しいのはビールをこぼさないようにテーブルに置くこと。

 一回目でうまくいったオリバーさん、二回目に挑戦です。

 今度は31個のジョッキーを運びます。重量は軽く70キロを超えています。

 ちょっと揺れて少し溢れてしまってますが、これくらいならまだ大丈夫。

 しかし、テーブルに置くときにジョッキ2個を落としてしまいました。

 よって記録は29個。これが世界記録となりました。

 オリヴァーさんが登場するまではオーストラリア人がお運びマイスターとして世界記録を保持していました。

 この世界記録を破るために10年にわたってそのスキルを磨いてきたのがオリヴァーさんです。

 2010年にその願いが叶いチャンピオンを倒すと、2014年にジョッキ25個を運ぶという記録を打ち立てました。

 そして今年、自身のこの記録をさらに更新したというわけです。

 何週間もジムに通い、背中、腕、肩を鍛えました。さらに、ビール祭りでもウェイターも務めているそうです。

 「2月から週に3回〜4回、ジムに通ってトレーニングを続けてきました。それがたったの40秒で決まってしまうんですからねえ。記録が更新できたことは誇りに思いますよ」とオリヴァーさん。

 トレーニング中にはこれだけのジョッキを運んだことはなかったそうです。本番に強いタイプなんでしょうかね。

 まだ自分の限界には達していないとかで、まだまだ後30年はがんばるそうです。

 とは言っても、オリヴァーさんの本業は力仕事とは無縁。

 そのお仕事は・・・国税査察官。つまりマルサの男だったというわけです。

 どうりで冷静で粘り強い。いくらか筋力もあったほうが役に立ちますね。

 それにしてもビールが美味しそうですねえ〜。もうすぐミュンヘンでオクトバーフェストも始まります。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、夫が水道工事の会社を立ち上げた。当然ながら、まずは親しい人たちを顧客にして営業開始。しばらく経って聞いた話によると、そのお客たちは皆、工事代をビールで支払ったそうだ

VDM(Vie de Merde)より



nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

謎の幾何学模様 [その他の国]

 8月も最終週となりました。

 近所の通りで親子連れとすれ違ったらこんな声が聞こえてきました。

 「お母さんは一頁たりとも手伝ってあげないからね」

 「う、うん・・・」

 遅くても今週末には、学校、始まっちゃうんじゃないのかな。大丈夫???

 日本の夏休みは通学からは解放されますが、勉強からは解放されませんねえ〜。

 お気の毒。

 さて、謎の幾何学模様と言えば、ナスカの地上絵やミステリーサークル。

 そして最近に話題になっているのがアマゾンの森の幾何学模様。

Brazil_RioBranco.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年8月26日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 その幾何学模様がこれ。

 地上からは分かりませんが、上空から見るとくっきり模様が見えてきます。

 ここはボリビアとの国境に近いブラジルの都市リオブランコ(Rio Branco)。

 カシアノさんは、毎日、気球に観光客を乗せて遊覧飛行をしています。

 「ほら、この下を見てください。四角に丸が描かれているのが見えますよ」

 ああ、確かに見えますね。

 この辺りの300㎞以内には、なんと500ほどの謎の幾何学模様が見つかっているそうです。

 「誰かが作ったんじゃないかという人もいれば、古代の遺跡じゃないかという人もいます」

 最初にこの幾何学模様が発見されたのは1977年のこと。小型飛行機が上空を飛んでいる時に発見されました。

 以来、さまざまな考古学者が調査を始めました。

 アントニアさんもその中の一人です。大学の研究員としてあちこち見て回ったそうです。

 どうやったらこれほど正確な幾何学模様が描けたのでしょうか?

 それより、一体何のために描いたのか?

 「先住の土着民が祭礼や集会のため掘ったんじゃないかと考えられています。ただ、遺物のようなものは何も発見されていません。彼らは非常に高度な技術、特に数学的な技術を持っていました」

 空からしか見えないということは、人類が飛べるようになったからこそ見つかった遺跡ということになりそうです。

 掘られたのは今から1200年ほど前のこと。以来、アマゾンは緑に覆われ、誰の目にも止まることなく静かに時が流れました。

 やがて伐採が始まり、徐々に姿を現したというわけです。

 驚いたのはここで家畜を放牧している農家の方々。

 「ヘリコプターで撮影された写真を見ると、うちの牧場に模様があるので驚きました。確かに凸凹になっているなとも思ったんですけどね」と農家の方。

 世界中から考古学者がやってくるようになったリオブランコ。

 しかし、この幾何学模様の真実は未だに謎のままだそうです。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、上司が僕を雇ったのは、僕が謎の頭をしていたからだという。つまり、一見したところ髪の毛は少ないが、ハゲではない


VDM(Vie de Merde)より



nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

伝説のホテル4 [その他の国]

 伝説のホテルシリーズも最後になりました。

 最後はニューヨークの五番街へ。

 トランプタワーから4ブロックほど北に行ったところに伝説のホテルThe Pierreがあります。正式名称はThe Pierre A Taj Hotel

America.jpg   



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2017年8月19日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 ずいぶんと賑やかですが、何かのイベント?

 音楽だけでなく美味しそうなお料理やワインもたくさんあるようです。

 歩道を通行止めにして開かれているパーティー。ここはThe Pierreの玄関前の歩道でした。

 まずはこのホテルの歴史からひもといてみましょう。

 それは一人のフランス人シャルル・ピエールの歴史でもあります。

 シャルル・ピエールはコルシカ島出身。パリとロンドンで料理人として修行した後、アメリカに渡り、ニューヨークの5番街にレストランをオープン。

 やがて産業界の知人らの支援を受けて、このホテルを作ったのでした。

 41階建てのビルの高さは160メートル、新古典主義建築です。

 開業は1930年。場所は高級マンションやブティックの並ぶ五番街。

 米国人だけでなく、ヨーロッパからの旅行者、特に裕福でおしゃれな人々が数多く利用しているとか。

 こちらはホテルのバー。品の良さそうなビジネスマンがカクテルを楽しんでいます。

 「このホテルは古風でハイクラスな場所ですよ」とビジネスマン。

 「ここがホテルの中心部です」とフランス人の支配人がドーム型の天井を持つ広間を案内してくれました。

 この豪華な作りは、確かに、新古典主義ですね。世界大恐慌の最中にこんなものを作っていたとは・・・。

 フレスコ画はよく見ると60年代の香りが漂います。そこが人気の秘密かもしれません。

 「年間80〜90組のカップルがこの広間で結婚式を挙げています」と支配人。

 「米国人を惹きつけている魅力はなんでしょうか?」と取材班。

 「フランス風でエレガントなところでしょうか」

 イヴ・サン=ローラン、エリザベス・テーラー、ウォーホルもここの利用者でした。

 こちらはスイートルーム。寝室が6つ、リビングが2つ。

 「料金はいかほどですか?」

 「一泊30,000ドルです」

 絶句・・・。

 このホテルの価値をさらに高めているのがこの眺め。眼下にはあのセントラルパークが広がっています。

 また、レストランの料理も例外ではありません。開業したての頃は、あのオーギュスト・エスコフィエが厨房を取り仕切っていたそうです。

 「ここへ来て私が最初にしたことは、前任者の一番優れた料理のレシピを見つけ出すことでした。そしてそこに少しだけ私らしさを付け加えることにしてるんです」と現在のシェフ。

 お客様はビジネスマンが多いようですが、ここで暮らしている方々もいます。

 「個人の住まいとしてお貸ししている部屋も数多くあります」とホテルの方。

 最上階の41階にはこんなお部屋がありました。

 ベルサイユ宮殿の礼拝堂をモデルに作られたことから、“空のお城” とも呼ばれているそうです。

 1300㎡の広さがあり、かつてはホテルのボールルームとして使われていました。

 窓からの眺めもまた格別です。

 終わり。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、私はアフリカやアジアなど経済的に恵まれない地域に暮らす人たちを支援するため、若者を派遣する団体で仕事をしている。20歳前後の若い男性がやってきて『ニューヨークに行けますか?』と言う[あせあせ(飛び散る汗)]


VDM(Vie de Merde)より



nice!(52)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

伝説のホテル2 [その他の国]

 東京の水がめですが、だいぶ貯まってきました。

 利根川水系が95%、荒川水系が81%。これで水の心配はないですね。

 むしろ日照時間の方が心配なのでして・・・。

 予報によれば、東京地方は今日あたりから日差しが戻ってくるようです。

 しかし、このところ夕方になると必ず黒い雨雲が空をウロウロし始め、いつピカピカ、ゴロゴロが始まるかと不安になります。落雷はやっぱり怖いですからねえ〜。

 さて、シリーズの二回目はシンガポールへ向かいます。

 シンガポールの伝説のホテルと言えば・・・ラッフルズ・ホテル(Raffles Hotel Singapore)。

Singapore.jpg

下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2017年7月30日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 このコロニアルスタイルの建物がそのホテル。

 ナラヤンさんはホテルのドアマン。仕事は7時から始まります。

 まずは制服に着替えます。制服はナラヤンさんの分身のようなもの。

 あっ、なんだ、この機械は?!自動靴みがき???

 ナラヤンさん、もう26年も前から毎朝こうして準備を済ませ、ホテルの玄関に立っています。

 そのせいか、シンガポールでも一番写真撮影された男として知られているとか。

 この5年でシンガポールは都市開発が進みました。

 あの屋上プールのあるビルも見えています。その向こうには高層ビルがずらり。

 そんな中、静かに佇んでいるのがラッフルズ・ホテル。中に入ってみましょう。

 外も中も白い壁で覆われています。

 「美しいでしょう?」とレスリーさん。

 このホテルで働き始めたのが今から45年前のこと。始めは配管工、次に料理人、最後にコンシエルジュとして勤務しました。

 若い頃のレスリーさん、イケメンですねえ。現在はホテルの歴史家として活躍しています。

 「最初のオーナーはアルメニア人でした。開業は1887年。でもここではなく、海岸に近くの10室しかないバンガローだったんです」

 初代のオーナーはこちらの4人。サーキーズ兄弟です。

 次男のティグランがホテル経営の才能に恵まれていたようです。

 現在の建物ができたのは1899年のことでした。ラッフルズという名前は、シンガポールを創設したトマス・ラッフルズから取って名付けられました。

 この白黒写真の方がトマス・ラッフルズ。

 この新しい建物になってから20世紀にかけて、世界のセレブたちが宿泊するようになります。

 103室ある客室はすべてスイート。そのうちプレジデント・スイートが2室。広さはそれぞれ240㎡もあります。

 そしてなによりラッフルズ・ホテルを世界的に有名にしたのがこのバー。

 赤い色のこのカクテル、シンガポール・スリングという名前が付けられています。

 102年前、このホテルのバーテンダー厳崇文が作ったカクテルです。

 「当時の英国人の女性は公の場でアルコールを口にするのを見られるのは憚られていました。そこでバーテンダーが、パリでお酒が飲めるのなら、ロンドンでも飲めるはず。ということはシンガポールでも飲めるはずと言って、思いついたのがこのカクテルです」

 見るからに女性用のカクテルですが、今では男性にも親しまれています。

 1杯2,500円ほどとかなりお高め。しかし、1日800〜1,000杯も飲まれているそうです。

 続く・・・。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、ちょっとシックなカクテルパーティに初めて招待された。行ってはみたものの退屈だったのでバーでお酒み、迷いながらも50ユーロ札をボーイに渡した。後になってわかったのだが、飲み物は無料。あのボーイ、50ユーロをチップだとでも思ったんだろうか・・・[ちっ(怒った顔)]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(45)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

伝説のホテル1 [その他の国]

 今日から4回のシリーズで、世界の歴史あるホテルを紹介します。

 第一回目の今日は、モスクワにあるHotel Metropol

Russia_Moscow.jpg


下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2017年7月23日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 こちらはホテルの大広間。贅沢な作りの天井が美しいですね。

 建物はどうやらアールヌーヴォーのようです。

 皆さんが召し上がっているのは朝食。しかも優雅なハープの生演奏つき。

 朝食のメニューは、赤いキャビア。この感じからしてイクラ。

 お飲み物はと言えば、シャンパン。伝説のホテルだけあって朝食も豪華です。

 しかし、朝っぱらからシャンパンなんて、ちょっとデカダン。

 美しい装飾の数々もまた訪れた人たちの目を楽しませてくれます。

 「ここにはロシア建築の歴史が詰まっています。来てみるだけでもいいですが、こうして朝食を食べるともっと楽しめますよ。美しい天井をゆっくり鑑賞することができますからね」と女性。

 「ここは居心地がいいホテルなんです。それに長い歴史が刻まれていますよ」と男性。

 ホテルはモスクワの中心にあります。

 「こちら側にはクレムリン宮殿が、そしてあちら側にはボリショイ劇場があります」

 建物は1899年着工、1907年竣工。完成までに8年の歳月が流れました。

 そして1917年10月、革命によりこのホテルは、レーニンの率いるボリシェヴィキの所有となります。

 レーニンは演説の原稿をここで執筆したそうです。

 この建物、当時としては最先端の技術を使って作られていたそうです。

 「こちらのエレベーターは新しく作り直されたと思われていますが、オリジナルです。ガラスを通して機械が動いているのを見ることができます。よく60年〜70年代の物だと言われますが、そうではないんですよ」とホテルの方。

 ロシア革命後、ソビエト連邦の参謀本部となったこの建物ですが、1930年代に再びホテルとして再開されます。

 歴史を感じさせる客室の廊下。

 エレベーターホールのすぐ側に写真の展示室があります。

 おお、マイケル・ジャクソンじゃないですか!そしてジェラール・ドゥパルデューも。

 芸能人だけではありません。王室や政治家の写真も並んでいます。いずれもホテルに宿泊された方々。

 「こんなにすごい人たちが泊まったホテルに自分も泊まっているかと思うと誇らしいです」と宿泊客。

 彼女の部屋の窓を開けるとクレムリン宮殿の塔が目の前にありました。

 年間で135,000人ほどが利用するというこのホテル。仕事という人もいれば新婚旅行や観光という人もいて目的は様々です。

 「とっても美味しいですよ。今回の旅行で間違いなく最高の時間になるでしょう」と観光客の女性。

 居心地のいいお部屋に美味しい料理、そしてサービスも満点ということで評価は5つ星。

 「ある時、女性客の一人が悪魔に取り憑かれたと言ってきたことがありました。そこで私たちは神父を読んで悪魔祓いをしてもらったんです。その女性客は喜んで帰って行きました」とホテルの従業員。

 ホテルのお仕事というのは大変ですねえ〜。

 ここではガイド付きの見学コースもあるそうです。

 内装も素晴らしかったですが、外観も素晴らしいですね。8年もかけて作られた理由がよくわかります。

 続く・・・。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、海岸にあるホテルで受付をしている。お客が、海の水がしょっぱ過ぎると文句を言いに来た

VDM(Vie de Merde)より



nice!(49)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

砂漠の豪華ホテル [その他の国]

 昨日は都心は37℃あったようですが、拙宅は恐れるほど気温は上がらず、33℃くらいで止まっていました。

 とは言っても暑いことに変わりなし。

 東京の水がめはさぞかし増えているかと思いきや、荒川水系は増量とは言え68%にとどまっています。

 さて、本日は砂漠のど真ん中にあるオアシスのような豪華ホテルを2つ紹介します。

Oasis.jpg

下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年8月7日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 イスラエルとヨルダンの間に位置する死海。

 この死海のヨルダン側の岸辺からほど近い、砂と岩しかないような場所に突然現れたのが今日訪ねるホテルHotel Ma’in Hot Springです。

 ホテルの目の前には巨大な滝があります。

 「スイートルームのテラスからは滝とホテルの全景を見渡すことができます」

 ホテルの庭にはプールのようなものが見えます。滝とつながっているような・・・。

 この滝、流れ落ちているのは水ではなくミネラルをたっぷり含んだ温泉。

 一階に降りてドアを開けると、こんな風になっていました。

 なんだか滝壺にお風呂を作ったような感じです。

 お湯の温度は冬は35℃、夏は60℃にもなるそうです。

 50ユーロほどを払うと、一日中何回でも温泉に入ることができます。

 「熱いですね。それに滝が美しいです」

 早速、入ってみることに。やっぱり水着着用で泳いでました。温泉プールですね。

 さて、次のホテルも砂漠のど真ん中にあります。

 ここはアラブ首長国連邦の首都ドバイ近郊にある砂漠。

 緑の中に白いテントのような屋根がぽつぽつ見えてきました。


 まさに砂漠にオアシスのようなホテルです。

 お部屋は離れになっていて、広々とした寝室に居間、お風呂はジャグジー。

 テラスに出てみると、専用プールがあり、その向こうには焼け付くような砂漠が広がっています。

 「早朝にはガゼルがやってきてプールの水を飲んでいることがあります」とホテルの方。

 それにしてもこの水、一体どこからくるんでしょう?

 実は、砂漠の地下80メートルのところに地下水があり、それをポンプで汲み上げているのだそうです。

 なんとなく人間だけが贅沢に水を使っているように見えますが、そうでもなさそうです。

 「温暖化の影響で地表にあった水たまりが全部消えてしまいました。そこで動物が暮らしていけるようにと人工的に水場を作ってあるんです」

 さらに、ホテルでは一度使った水はフィルターを通して100%リサイクルしています。

 「当初、ホテルの周りに芝生を植えていました。しかし、あまりに水を使ってしまうので、全部、取り去りました。水を節約するのが最優先ですからね」

 ちなみにここの宿泊費は一泊1,000ユーロ(約130,000円)ほどだそうです。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、二人の友人と一緒にクロアチアに旅行に出かけた。滝のある自然公園を見に行ったのだが、お金がなかったので歩くことにした。気温37℃の中、5キロを歩いてやっと到着した時、ボートならタダだったということに気がついた[ふらふら]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(54)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

バニラ [その他の国]

 またも週末旅は再放送でした。場所は、マルタ島。見逃した方は→こちら

 東京はまた蒸し暑〜い夏が戻ってきました。

 水がめの方はどうなっているかというと、利根川水系が平年を上回って89%、荒川水系は少し増えて65%。

 なんとか夏を乗り切れそうな気がしますが・・・。

 さて、暑い夏に欠かせないのがアイスクリーム。そしてそのアイスクリームに欠かせないのがバニラの香り。

 なんと世界の80%のバニラを生産しているのはマダガスカルだそうです。

Madagascar.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年8月3日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 アフリカ大陸の南東海岸から400キロほど離れた西インド洋にあるマダガスカル。

 これがそのバニラです。

 このバニラという植物の実を発酵・乾燥させることで、お菓子に使われる黒褐色のバニラビーンズになります。

 収穫したバニラの実を買いとってもらうために生産者が市場に集まってきました。

 まずは重さを計ります。正確に測ってノートに記します。

 このところバニラの値段が高騰しており、数年前の10倍に跳ね上がっているとか。

 重さに間違いがあっては大問題になりかねません。

 黒板に書かれてあるのは、その日のバニラの相場。

 「値段は上がり続けています。バニラの需要が増えているからです」と男性。

 マダガスカルは世界でも貧しい国の一つ。それだけに農家は裕福な生活を夢見てバニラ栽培に力を注いでいます。

 「1キロ150ユーロは悪くないね。香りを嗅いでもらえばうちの良いバニラだってすぐにわかるよ」と生産者。

 もう一人の生産者は、家の中に保管してあるお宝を見せてくれました。

 マットレスの下から出てきたのは、乾燥バニラ100キロ。値段にして50,000ユーロほど。

 「そうです、お宝ですよ、はははは・・・(笑)」

 しかし、このバニラの値段高騰がとんでもない犯罪を生んでいます。

 それはバニラ泥棒。

 この5年でバニラは金のなる木に変身してしまいました。

 おかげで他人が栽培したバニラを盗んで手っ取り早く稼いでしまおうという輩も増えてしまったのです。

 ここはヴィトーさんのバニラ畑。

 「この木を見てください。実が一つもありません。盗まれてしまったんです」

 そのため、生産者は時期を早めて収穫するようになってしまいました。

 「誰も早く収穫したいとは思っていません。でも、どうしても盗まれる前に収穫しなくてはならなくなるのです」とヴィトーさん。

 そうなると当然、品質に影響が出ます。

 このままでは30%〜40%ほど香りが減少してしまう危険性があるそうです。

 それでも今のところはマダガスカルのバニラは世界一の品質を維持しています。

 ダニエルさんは200万ユーロを投資して、50トンのバニラを手に入れました。

 このバニラを500万ユーロで輸出しようと考えているそうです。

 となると、いろいろ経費を差し引いても、かなりの利益が見込めますね。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、何やら話し声が聞こえてきた。『誰にも言っちゃダメよ。そんなことしたら刑務所行きだからね』娘はそう言うと、弟の手のひらに白い粉を乗せた。するとわが息子がそれをなめた。マエラ9歳、ルカ6歳、二人はバニラ味の砂糖に恍惚となっていた


VDM(Vie de Merde)より



nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

世界の絶景で水浴 5 [その他の国]

 ちょっと変わった場所で水浴を楽しむシリーズもいよいよ最後です。

 インドネシアの東カリマンタンにあるデラワン諸島の小さな島、カカバン島(Kakaban)を訪ねます。

Indonesia_Kakaban.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年7月7日に生放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 インド洋と太平洋に挟まれたインドネシアは約17,000もの島でできています。

 海が好きな人にとっては天国のようなところ。

 海の上ではサーフィンを楽しめますし、海に潜れば様々な生き物たちと触れ合うことができます。

 しかし、今回訪ねるのは世界でもインドネシアにしかないという珍しい島。

 それがここ、カカバン島です。

 ボルネオ島(カリマンタン)からボートで3時間ほどかかります。

 「この島は特別なんです。なぜ特別なのか、これから見せてあげますよ」とガイドさん。

 カカバン島は無人島ですが、近年、この島を訪れるツーリストが増加し、観光地としての整備が進んでいます。

 観光客が増えた理由は、この島の中にある湖です。広さは58k㎡。

 上空から見た島は出来損ないのドーナッツのような形をしています。

 この湖に暮らしているのが、何千というクラゲ。

 ぎゃっ、飛び込んじゃって大丈夫???

 心配ご無用。ここのクラゲは無害。

 「刺したりしません。手で触ると柔らかくてふわふわしてるんです」と男性。

 「すごく変な手触りです。ちょっと気持ち悪い」と女性。

 どれどれ、海の中をよく見てみると、確かにたくさんのクラゲがふわふわ泳いでいます。

 数千年も前にできたと言われる湖には4種類のクラゲが生息しています。

 こんな珍しい湖を是非とも自分の目で見ておきたいと、世界中から観光客がやってくるようになりました。

 「ここではクラゲは食物連鎖の頂点にいるので、敵がいないんです。だから刺す必要がないわけです」とダイビングのインストラクター。

 「いやあ、凄いとこですよ。あちこちにクラゲがいて面白いですね」と男性。

 「上も下も、右も左も、360度クラゲばかりですよ」と女性。

 ダイバーたちは見るだけではなく、触ったり捕まえたりして楽しんでいます。しかし、なんでもやっていいというわけではありません。

 「フィン(足ヒレ)を付けて泳いではいけません。クラゲが死んでしまう可能性がありますからね。それに水質汚染にもつながります」

 この生態系を維持するためにある程度の制限が設けられているようです。

 因みに、湖の水は海水と雨水が混じり合っているそうです。

 ライフジャケットをつけた子供たちも湖に入ってクラゲと一緒に泳ぎます。

 それにしてもこれだけのクラゲがいる湖に飛び込むには勇気がいりますね。

 刺さないとはわかっていても、やっぱりちょっと不気味。

 美しい夕日が一日の終わりを告げようとしています。

 クラゲたち、夜はどんな風にして暮らしているのやら・・・。

 終わり。



******* フランス人のつぶやき *******


今日、海岸を歩いているとビニールが打ち上げられているのを発見。環境保護のために早速拾ってゴミ箱に捨てようとしたら、それはビニールではなく、クラゲだった[がく~(落胆した顔)]


VDM(Vie de Merde)より



nice!(46)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

世界の絶景で水浴 4 [その他の国]

 関東地方に梅雨明け宣言が出されました。

 これを受けてテレビのニュースキャスターが「本格的に暑くなりますね」と言ってました。

 でも、正直に言って、そんなの10日以上も前から本格的に暑いです!単に気分の問題じゃないですかね?

 それはさて置き、ちょっと変わった場所で水浴を楽しむシリーズの四回目は、アフリカへ向かいます。

africa_Victoria.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年7月6日に生放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 ここはザンビアとジンバブエの国境を流れるザンベジ川。

 大挙して泳いでいるのはカバの群れ。それに川岸では恐ろしいワニがお昼寝。その先では、象が気持ちよさそうに泳いでいます。

 ここでは人間が泳ぐのは禁止。泳いでいいのは野生の動物たちだけです。

 そしてこちらがヴィクトリアの滝。

 南米のイグアスの滝と並んで世界最大の滝です。

 流れ落ちる水が霧となって虹を作っています。ここでしか見られない風景。

 ユネスコの世界遺産に登録され、アフリカで最も見学者の多い場所の一つです。

 最大落差は108メートル、水流が速いことでも知られています。

 このヴィクトリアの滝の上、水が落ちる寸前のところに、人が入れるくらいの水たまりができています。

 この水たまりは “悪魔のプール” と呼ばれているそうです。

 そのプールにボートで向かっているのがこの男性二人。悪魔のプールで泳ぐそうです。

 「わあ、すごいね。あそこに虹が見えるよ」

 「プールはどこにあるんだろう?」

 プールに向かう前に支度を整え、ガイドさんの注意を聞きます。

 「こちらのパネルに書かれてあることをよく読んでください」とガイドさん。

 “danger” とか “risks” の文字が・・・。さすがの二人も緊張の面持ち。

 心を落ち着けたら靴を脱いでいざ出発。プールは数十メートルほど先にあります。

 この雄大な自然を眺めながら順番を待ちます。

 先にプールに向かっていたのは女性のグループ。ちょっと寄り道をして崖の上から下を眺めます。足がすくみそう。

 「ちょっと怖かったけど、すごく良かったです」と女性。

 そしてあの悪魔のプールへ。ロープを伝って入るようです。

 この様子を見てまたまた緊張が高まってきました。

 「僕は高いところはちょっと怖いです。でも、ここまで来たんですからプールに行きますよ」

 この二人、南アフリカからやってきたそうです。

 さあ、いよいよ順番が回ってきました。足を滑らせないように慎重に歩いていきます。

 川の水は冷たそう。しかも流れが速い。ほんの数センチ先のところを水が落ちて行きます。

 そして無事、悪魔のプールに到着。

 「これまでで最良の思い出のひとつになることは確かです。やってよかった。でももう二度とやらないです(笑)」

 さっきまで泳いでいた動物たちも陸に上がってアフリカの大地を元気に歩いていました。

 続く・・・




******* フランス人のつぶやき *******


今日、弟がSMSのアカウントを再開できるように手伝ってやった。パスワードの代わりに次の質問に答えなくてはならなかった:『あなたのペットの名前は?』弟のやつ、僕の名前を使いやがった


VDM(Vie de Merde)より



nice!(49)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

世界の絶景で水浴 3 [その他の国]

 シリーズの三回目は、中国南東部の都市紹興市(しょうこうし)を訪ねます。

 ひょっとして紹興酒の産地?と思ったら、やっぱりそうでした。

 ということはお酒の名前はこの都市の名前からきているということになります。

 それはさて置き、地図で見ると海が近いようですが、今回は海水浴でしょうか?

China_Shokoshi.jpg



下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France 2で2017年7月5日に生放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 海水浴を楽しむ市民の皆さん。

 大人も子供も欠かせないのが、カラフルな浮き輪。波に揺られながらプカプカ浮いているのがいいのかしら?

 それにしてもものすごい人の数。ビーチに寝そべって日光浴なんてことは望むべくもありません。

 洋服を着たままの女性もいます。肌を焼きたくないのかも。

 一方、こちらは屋内プール。ひゃあ〜、なんだこりゃ!

 この絶景はすご過ぎ(笑)。芋を洗うどころの騒ぎじゃないです。

 ここは昨年出来たばかりのウォーターパーク。中国でも一二を争う巨大テーマパークです。

 ドーム型の屋根の下には30,000㎡もあるビーチが広がっています。

 水の温度は30度、白い砂浜もあります。

 「海には長くいられませんよ。太陽の日差しに皮膚が耐えられませんからね」と男性。

 「ここなら日焼け止めクリームもビーチパラソルも必要ないです」と女性。

 有害な紫外線を気にすることなく、のんびりとカードゲームを楽しむ女性たちもいます。

 そしてこちらのご家族はおばあちゃんからお孫さんまで勢揃いで、月に二回は必ずここにやってくるそうです。

 「いろんなアトラクションもあるので子供たちは大喜びです」とお母さん。

 「水温もちょうどいいし、海よりもキレイですよ。海水は汚いですからね」とお父さん。

 ここでは溺れる心配もありません。というのも、こうしてライフジャケットを貸し出しているからです。

 しかし、ここは泳ぐためだけの施設ではなさそうです。目の前には大きなステージが・・・。

 そして、例の角質を食べてくれるドクターフィッシュのサービスコーナーもあります。

 施設の入場料は一人2,500円ほど。

 「他の国に比べて休暇が少ないんです。だからこういう週末は貴重なんです」とお父さん。

 こちらがこの施設の支配人です。

 「中国の経済が発展して、国民は衣食住には不自由しなくなりました。次は、どのようにしてレジャーを楽しむかが問題なんです」

 一番近いビーチはここから900キロも先です。車で10時間ほどかかります。

 海に近いと思ったのですが、必ずしも海水浴を楽しめるような場所ではないようです。

 そのためここが気軽に楽しめるレジャー施設になったというわけです。

 そして、こんなアトラクションもあります。なかなかスリリング。

 続く・・・。




******* フランス人のつぶやき *******


今日、バカンスから戻ってきたら、うちのプールでお隣さんが泳いでいた!


VDM(Vie de Merde)より



nice!(51)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - その他の国 ブログトップ