So-net無料ブログ作成

王立ロープ製造所に泊まる [フランスのお宿]

ロシュフォール
(Rochefort)
Paris_Rochefort.jpgCorderie_Royale.jpg

      パリ→ロシュフォール(列車で約4時間ほど)


 17世紀に建設された王立ロープ製造所(Corderie Royale)が修復されホテルに生まれ変わりました。


 フランスに強力な海軍を整備しようとしていたルイ14世が、帆船用のロープを作るために建設させたこの施設、シャラント川の岸辺ということもあって、地盤の整備に多くの時間が費やされ、完成したのは工事が始まって3年後の1669年のことでした。


 当時の帆船ではロープが大量に使われ非常に重要だったそうです。ここではロープを作るだけではなく新造船(軍艦)の艤装も行われていました。建物の長さはなんと374メートル。帆船用ロープが約200メートル単位で計算されるため、これだけ長い建物になったそうです。(帆船用ロープには「ケーブル(鏈(れん))」という単位が使われ、1ケーブルは約200メートル)また、これだけの大きな製造所を建設させたもう一つの目的は、ベルサイユ宮殿と同じように、訪れた人々にフランスの偉大さを見せつけるためだったようです。


 その後、敷地内には鍛冶屋、鋳造所、商店などができ、1927年に閉鎖されるまで軍艦を含む500の船舶が作られました。1944年には退去するドイツ軍が火を放ちますが、かろうじて全焼をまぬがれます。1967年に歴史的建造物に指定され、1976年から本格的な修復が開始され、1988年に完了しました。


 映像は→こちら(3分弱、冒頭に10秒ほどCMあり)


部屋は全部で50室

料金:一泊80~255ユーロ(スイートあり)(シーズンで変動)

朝食:11ユーロ

宿泊税:一泊一人につき1.10ユーロ

部屋の設備:エアコン、風呂またはシャワー、トイレ、TV、ミニバー、

      電話、WIFI

その他の施設:レストラン、中庭、フィットネス、プール、

       テニスコート、展示室

ホテルのサイト(仏、英):http://www.corderieroyale.com/index.php

360度の部屋の内部と部屋からの眺め→こちら


 レストランLe Cadreでは、この地方のチーズJonchéeを食べることができます。フランベしたコニャックをつけて食べるそうです。ランチ定食は17~28ユーロ、夜の定食は36~66ユーロ。詳しくは→こちら(大きめの音あり)。

jonchee_3.jpg

Jonchée

牛乳から作られたフレッシュチーズ

joncと呼ばれる籠に入れて固めたもので独特の風味がある


 展示室では帆船用のロープに関する様々な展示が行われています。また、隣接する敷地では、三本マストの軍艦Hermione(エルミオンヌ)の実物大レプリカが製作中です。オリジナルは1780年に作られ、ラファイエット侯爵を乗せてアメリカに向かいました。レプリカは2012年に再びボストンに向け出発する予定です。

 展示室については下記の映像をご覧ください。




nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 4

RobertCole

帆船のロープかぁ~
今まであまり意識したことがなかったです
今度港に撮影にいったら探してしまうかも
by RobertCole (2010-06-10 23:06) 

carotte

帆船用のロープって奥が深〜い気がします。
by carotte (2010-06-10 23:50) 

opas10

さすが文化の国フランス、由緒ある建物をちゃんとリノベしたのですね。それにしても長~い建物なので、費用も相当かかったのでしょうね~。
by opas10 (2010-06-14 20:49) 

carotte

opas10さん

相当かかったでしょう。でも、ルイ14世ですからねえ。お金に糸目はつけなかったんでしょう。それで後にしわ寄せが.......。
by carotte (2010-06-15 00:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました