So-net無料ブログ作成

フランスの食のお宝 その1 [フランドル地方]

 今日から5回のシリーズでフランス自慢の食のお宝を紹介します。

 

 第一回目の今日は、フランス北部フランドル地方の焼き菓子ゴーフル(gaufre)です。

 

 日本では英語名ワッフルで知られています。

 

 ワッフルと言えば、ベルギーワッフルが有名ですが、フランスのフランドル地方のはちょっと違っています。

Paris_Nord02.jpg




 下記ウィンドウのをクリックして番組をご覧下さい。(フランスのTV局TF1で2016年4月4日に放送)




 これがフランドル風ゴーフルです。焼き方はワッフルと同じ。

 

 「コツがいるので最初は失敗することが多いのですが、二回目からは上手に焼けるようになります」とお母さん。

 

 鉄でできた焼き器はちょっと重そうです。

 

 それでもこんなにきれいに焼けました。ナイフを横腹に突き刺して取り出します。

 

 取り出したゴーフルは熱いうちに2つにスライスしておきます。

 

 次にお母さんが準備しているのはゴーフルの間に挟むクリーム。

 

 独特の色のついた砂糖と溶かしバターを練ったものです。

 

 それではみんなでいただきましょう。

 

 お兄ちゃんはお行儀よく食べてますが、弟君の方は・・・(笑)。

 

 「ゴーフルはとっても美味しいです!」とお兄ちゃん。

 

 このフランドル伝統のお菓子の作り方はお母さんから子供へ、そして孫へと伝えられてきました。

 

 レシピはおばあちゃんの数だけあるそうです。

 

 お菓子屋さんの厨房ではジャン=フランソワさんが、代々伝えられてきた作り方でゴーフルを作っています。

 

 「私は伝統を守り続ける職人のようなものです。そしてゴーフルはフランドル地方の文化でありルーツのようなものになっています」

 

 ここでも焼きあがったら薄くスライスして間にクリームを挟みます。

 

 この時のクリームの量が美味しく出来上がるかどうかを左右します。

 

 「クリームの量はこれくらいが一番いいんです。あまりに薄すぎても美味しくありませんし、厚すぎてもダメです。皮がカリッと食べられるくらいの量が理想的です」

 

 ジャン=フランソワさんの作るゴーフルを食べるお客様方。

 

 「これを食べると子供の頃を思い出します。まだ石炭を使っていた時代でした。暖かいキッチンで作られたゴーフルはとても美味しかったんです」と女性。

 

 焼き器には様々な図柄が使われていました。中には家紋を使った古いものもあるそうです。

 

 あのド・ゴール将軍も大好きだったというゴーフルは、ノール県の県庁所在地リール市にある高級菓子店Patisserie Meertでも販売されています。

 

 こちらのゴーフルは少し洗練されていて、中のクリームの種類もいくつかあるそうです。


 

 

 

******** フランス人のつぶやき *******

 


「今日、夫は浮気した時は必ずゴーフルを焼いてくれる、というのに気がついた。贖罪のつもりか・・・。焼いてくれたゴーフルは全部私が食べた」


 

VDM (Vie de merde)より




nice!(63)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 63

コメント 2

opas10

本場のゴーフルは、随分薄いものなのですね。風月堂のゴーフルは、これを見本にして作ったのかもしれませんね。
by opas10 (2016-04-10 14:16) 

carotte

opas10さん
私にとっては風月堂のゴーフルがゴーフルでした。ワッフルと同じ仲間だったとは初めて知りました。だいぶ薄いですね。
by carotte (2016-04-13 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。