So-net無料ブログ作成

100年で最大5回の祭り [スイス]

 フランス語で猛暑または酷暑のことをカニキュール(canicule)と言いますが、音の感じからして本当に暑つそうですよね。

 先月のカニキュール期間中、最高気温を記録したのはフランス南部エロー県で、なんと46℃だったとか。日向にいたら火傷してしまいそうです。

 実際、この熱波で作物が枯れてしまった農園もあるそうです。

 ボルドー地域のぶどう園は逆に豊作らしいですが、ローヌ川流域のぶどう園の中にはぶどうの木が枯れてしまったところも多々あったようです。

 そんな暗いニュース吹き飛ばしてくれるようなお祭りがスイスのレマン湖沿岸の町ヴヴェ(Vevey)で開催されました。

 そのお祭りが、ヴィニュロン祭り(Fête des Vignerons)。

 ヴィニュロンとは、ぶどう園でぶどうを栽培し、そのぶどうを使ってワインを作る人たちのこと。

 1世紀の間に最大でも5回しか行われないというこのお祭りが、7月18日の木曜日に開催されました。

Suisse_Vevey.jpg

下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2019年7月19日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 大きなスタジアム。20,000人の観客が見守る中、様々なパフォーマンスが繰り広げられます。まるでオリンピックの開会式のよう。

 「とにかく楽しくて素晴らしいです」と男性。

 「あまりの素晴らしさに見とれてしまいますねえ」と女性。

 なんでしょう、この衣装は。ふざけているわけではなく、皆さん真剣にステップを踏んでいます。

 数年かけて磨きをかけたパフォーマンスを、約5,000人ほどの有志が次々に披露してくれます。衣装も手が込んでますね。

 最初にこのお祭りが開催されたのは1797年のことでした。ヴヴェにあるヴィニュロン協会がオーガナイズしたそうです。

 前回開催されたのは20年前。いつ開催するかは協会の執行部が決定するそうです。だいたい14年〜28年の間隔を置いて開催されるそうです。

 2年前の12月1日にはユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 「私は前回の祭りの時に夫と知り合いました。その後子供ができ、今回の祭りを見ることができました。この地域では本当に大切な伝統行事なんです」と女性。

 「大勢の観客の皆さんに見てもらって、仲間たちと一生懸命練習してきてよかったなと思います。何ものにも代え難い経験でした」と出演者の方。

 祭りのクライマックスはこの表彰式。優秀ヴィニュロン賞が発表されます。

 受賞者にはぶどうをデザインした冠が授与されます。中には女性のヴィニュロンもいます。

 「この仕事には苦労がつきものです。こうして表彰されると、その苦労が報われますね」と女性ヴィニュロン。

 こんなお祭りがあるとは初めて知りました。次の開催は20年後でしょうか・・・。


******* フランス人のつぶやき *******

今日、私はちょっと肥満体。友達と一緒に音楽祭に行ったのですが、みんなが椅子に座っているのに私だけ立ったまま。だって、椅子が壊れてしまいそうだったんで・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。