So-net無料ブログ作成

お家に帰ろう! [トピックニュース]

 パリで開かれていた国際農業見本市、期間中の入場者の数は633,213人だったそうです。

 70万には届かなかったようですが、1日平均で70,000人ほどが入場したことになりますから、成功と言っていいでしょうね。

 閉会とともに人も動物たちもわが家へと帰って行きました。

 Paris_Ygrande.jpg


下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局TF1で2019年3月4日に放送)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 雄牛のイブラ・ミックがパリからわが家に戻ってきました。

 トリコロールのリボンは栄光の印。見本市で、最も美しい牛の一頭に選ばれたのです。

 体重は1,473キロ。赤身の肉が美味しいシャロレー牛です。

 「田園と新鮮な空気。これがイブラ・ミックの生活なんです」と飼い主。

 昨日はまだこんなところにいました。屋内の展示会場で大勢の人に囲まれていたのです。

 「これで立って歩いているのが信じられないわ(笑)」と女性。

 「この牛、すごく印象的。素晴らしいわね」と別の女性。

 賞を受賞したイブラ・ミックの飼い主はヴァランタンさん、22歳。若いですねえ。

 「受賞したことは僕たちにとって最高の出来事でした」

 盛況だった見本市が終わり、いよいよ帰途につく時刻となりました。

 無事に終わってホッとすると同時に、少々お疲れ気味。

 しかし、ゆっくりしている暇はありません。トラックに乗って300キロの道のりを走ります。時間にして約5時間ほど。

 故郷のイグランド村の実家に戻ったのは夜中の2時過ぎのこと。

 「ご機嫌で干し草を食べていますよ」とヴァランタンさん。

 これで一安心。

 翌朝、賞でもらったメダルを暖炉の上に飾ります。これ、ひょっとして牛の首にかけられるようになっているのでは?

 この地に牧場を開いたのはヴァランタンさんのお祖父さん。以来、親子三代にわたってシャロレー牛を育ててきました。

 たくさんメダルが並んでいるところを見ると、毎年のように見本市に参加しているようです。

 「雄牛をパリに連れていくことは我々の生きがいなんですよ」とヴァランタンさんのお父さん。

 なんだか職業にかける情熱に感動してしまいます。

 一方、イブラ・ミックの方は、牧場でのんびりお散歩。「やっぱり故郷はいいなあ」とかなんとか言ってそうですね。

 お歳は6歳だそうですが、そろそろ引退の時期だそうです。


******* フランス人のつぶやき *******

今日、6才になる息子の参観日。シーンと静まり返った教室で、何を思ったのか息子が叫んだ。『ママ、お口にお髭が生えてるよ』」

VDM(Vie de Merde)より



nice!(53)  コメント(0) 
共通テーマ:地域