So-net無料ブログ作成

巨大ジップライン [パリ]

 今週金曜日に始まる女子サッカーW杯。

 先日、30ユーロで晩御飯を作ってくれた、リヨンの女子サッカークラブチームに所属し、フランス代表チームとしても活躍するディフェンダーのウェンディ・ルナールさん、スター選手の一人として紹介されています。

 その映像に興味のある方は→こちら

 お料理を作ってくれた時の映像も出てきました。上背があって手足が長くて、しかも美人。かっこいいですね。

 どんな戦い方をされる方なのかまるで知りませんが、人気なのはわかる気がします。

 なんだか、澤穂希さんを思い出してしまいます。澤さんも一時こんな感じのヘアスタイルをしてたような・・・。

 今年の日本代表は若いメンバーが多いというようなことをちらっと聞いたような気がしますが、どんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

 さて、その女子サッカーW杯2019はフランスで開催されますが、そのフランスの首都パリのエッフェル塔にジップラインが設置されていたそうです。

 Paris_Paris.jpg


下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局Franceinfoで2019年6月4日に配信)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 ジップラインは、5月29日〜6月2日の5日間、高さ115メートルのところにあるエッフェル塔の2階からエコール・ミリテールに向かって設置されていました。

 ジップラインは一度やってみたいと思っていますが、これは少々高すぎますねえ〜。

 安全は保証されているとは言え、ちょっと怖い。でもどんなものか知りたい。

 そんな人たちのために、Francinfoの記者が身を挺して取材してくれました。

 長さは840メートル、時速90キロで、シャン・ド・マルスの向こう端まで滑り降りていくそうです。

 防護服に身を固め、ヘルメットと飛行機のパイロット用のゴーグルを着装。では出発!

 この人、わりに落ち着いてますね。日本みたいにヘルメットの上にカメラをつけていただくと疑似体験できたんですが、そんな配慮はなかったみたいです。

 ライオンの口に向かって一直線に降りて行きました。

 「滑り始めはソフトでした。空中に飛び出すというような感じではありません。想像していたより速度は速くなかったです。ランディングの方がちょっと唐突すぎる感じでした。でも楽しい体験でした」と記者。

 このジップライン、ローラン=ギャロスの全仏オープンに合わせて、あのペリエの会社が企画したそうです。


******* フランス人のつぶやき *******

今日、友達とジップラインをしに出かけた。ジップラインからの眺めは素晴らしかった、と友達は言ってたけど、僕は、髪の毛がケーブルに絡みつくんじゃないかと心配で風景どころの騒ぎじゃなかった[あせあせ(飛び散る汗)]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(42)  コメント(0) 
共通テーマ:地域