So-net無料ブログ作成

女子サッカー6つの数字 [トピックニュース]

 カルロス・ゴーンの使途不明金、フランスでは政治家にまで飛び火しています。

 サルコジに気に入られて司法大臣を務めたこともあるラシダ・ダティという女性政治家が、例のオランダの亡霊会社のようなところから、不正に報酬を得ていた疑いを持たれています。

 その額、数十万ユーロ。一体、どんな仕事をしてもらった報酬なのやら。ネット上には昔のこんな写真が掲載されています。→こちら

 次から次へと妙な話が降って湧いてきますねえ〜。

 因みにラシダ・ダティは、現在はパリ7区の区長をやっているようですが、次回のパリ市長選に出馬する予定だとか。彼女にとってはこの事件、大打撃になりそうです。

 さて、いよいよ今日、女子サッカーW杯がフランスで開幕します。

 男子のW杯がすでに23回開催されているのに比べ、女子は今回でやっと8回目。

 参加するのは24チーム。開催期間は6月7日から7月7日まで。これにちなんで、女子サッカーにまつわる6つの数字に注目してみました。

 2019trophee.jpg


下記ウィンドウの▸をクリックして番組をご覧ください。(フランスのTV局France Televisionで2019年6月6日に配信)

映像が途切れ途切れになってしまう皆さん。どうも映像の読み込みと再生の速度がうまく噛み合ないのが問題のようです。解決策として、本編が始まったところで一旦ポーズボタンをクリックし再生を止め、映像を読み込むまでしばらく待ちます。ある程度映像を読み込んだところで、もう一度再生ボタンをクリックすると途切れずに見ることができるようになります。少し手間ですが試していただけると幸いです。


 一つ目の数字は480万。

 2014年に学士を取得した全世界における女性の数。これが男性となると50倍になるそうです。

 次に、女子サッカープレイヤーが多いのは、アメリカ、カナダ、ドイツだそうですが、フランスは現在184,000人。

 仏サッカー連盟はこれから5年以内に300,000人にまで増やしたいとしています。因みに8年前の2011年には80,000人だったそうです。

 さて、女子サッカーW杯が初めて開催されたのは1991年のことでした。その時の参加国は12か国。今回はそれの2倍の24か国。

 次の数字は4。

 これは優勝した国の数。アメリカ、ドイツ、ノルウェー、日本の4か国。このうちアメリカは3回チャンピオンに輝いています。

 フランスはまだ優勝してないのですね。となると今年はなんとか勝ちたいところです。

 さて次は6。

 フランスのリヨンの女子サッカークラブチームのリーグ優勝の回数が6。あのウェンディさんの所属チームですね。18回のうち6回優勝しているということですから、強いチームのようです。

 そして5つ目の数字は、90185。

 これは女子W杯で最も多かった時の観客数。1999年7月10日、アメリカVS中国の決勝戦の時だったそうです。

 今年は一番大きなスタジアムでも収容人数は60,000人。この記録はまだ破られそうにもありません。

 そして最後は、2,494ユーロ。

 これはフランスのプロサッカーチームで活躍する女子選手の平均月給。日本円にして約30万円。

 とは言っても、メジャーとマイナーではだいぶ数字が違ってくるようです。

 一部リーグの選手は月に平均で73,000ユーロをもらっており、W杯で優勝すれば、一人当たり15,000ユーロのボーナスが出ることになっているそうです。


******* フランス人のつぶやき *******

今日、うちの会社では賃上げは無しとなった。その代わり、労働組合が別の交渉を行っていた。それは薄いトイレットペーパーをより厚くしてもらうための交渉。こちらは難なく勝利を収めた[exclamation]

VDM(Vie de Merde)より



nice!(59)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ